このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

CFP 難易度 科目別

CFP試験の難易度は?科目別の最短勉強法とは?

更新日:

スポンサードリンク

 

将棋の棋士の藤井4段が話題になってますね。

試験も将棋と同じく、恐れずに積極的に攻めの姿勢で

行ける人が勝ちます。

 

このサイトで、勝ち方を感じてみてくださいネ。

 

 

CFP試験は受ける前に色々気になることがある

 

・どれくらい難しいのかな?

・私でも合格できる?

・6科目あるし、長期戦?

 

疑問を持つことは素晴らしいことです。

 

まず、1科目あたり平均80~120時間と言われてます。

 

 

これは、某資格の予備校のサイトに書いてありますが、予備校に通い

確実に合格することを否定はしません。

楽しく勉強できる人もいますし、お金と時間を使いコツコツやりたい人もいるかもしれませんね。

 

 

ただし、このサイトを見てから

それは選択して欲しい

と思います。

 

 

本当は、このサイトの方法の方が合っているかもしれないのに

時間とお金を投資するのは、非常にもったいないからです。

 

 

 

数字は参考程度にして、合格者のリアルな声に耳を傾けて欲しいです。

いろんな合格者がいますよね。

 

 

私は、一番ハードな正社員をしながら

 

7日間で合格しました。

 

 

これは、かなり型破りな結果だと思います。

 

 

自分でも、合格発表まで油断ができませんでした。

 

 

それでは、科目別の勉強時間について、書いていきたいと思います。

まず、不動産、金融、ライフ(年金や労務)、相続、税務、保険の6科目があります。

 

 

全て得意という人はまず、いないと思います。

逆に、全て嫌いという人もいないと思います。

 

 

 

現在の仕事にどれか、少しでも関わっていると思います。

 

また、プライベートで相続を経験したとか、確定申告をしたことがあるとか

そういう経験も、興味がある科目にすると良いですね。

スポンサードリンク

 

 

1科目30時間程度でも合格可能

合格した経験から言うと

30~40時間でも不動産、保険、税金、相続、ライフ(年金や労務)

などは合格は可能だと思います。

 

それは、別記事で書いてますので、そちらをご参照下さい。

 

 

一番難易度が高いのが、金融でしょう。

 

 

金融や証券に関わっている人でも、なかなか手ごわいはずです。

なので、他業種の人は100時間以上かかるかもしれませんね。

 

 

私は、日経新聞を長く購読しており、普段から経済に関心を持っていたので

非常に面白く感じました。

 

 

もし、金融が苦手だな~と感じる人は

是非、日経新聞を購読することをオススメします。

できれば、夕刊とセットがベストです。

 

 

月4,500円程度かかりますが、この程度は合格したらいくらでも回収できますので

ケチらないで下さい。

 

それに、合格してからは実務家として、しっかりと自分の考えを持たないと信頼に関わりますので

今のうちから、日経新聞を読む週間をつけると良いですね。

 

 

まとめ

 

 

「金融が一番難易度が高く、100時間以上はかかることは覚悟して下さい。」

「金融以外は、しっかり当サイトの勉強法を活用すれば、30~40時間でも合格は可能です。」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-CFP 難易度 科目別

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.