このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

CFP 独学 勉強時間 cfp 勉強時間 一科目

CFP勉強時間一科目【7日間で合格も可能!】

投稿日:

スポンサードリンク

CFP勉強時間一科目【7日間で合格も可能!】

ネットで検索すると、CFP勉強時間とか

CFP勉強時間1科目あたり

などと調べる人が多いようですね。

 

やはり、CFPは資格試験の中でも難しい部類に入っているため

不安があるようですね。

6科目もあり、それぞれの科目で全ての範囲ですから

それなりの覚悟は必要です。

 

目的は短期合格か、長期合格かを明確にする

 

合格者はいろんな人がいます。

 

1科目づつ受験する人。

2科目づつ受験し、3回目で1年半かけて合格する人。

全科目合格するまでに、3年や5年かかる人。

それぞれのおかれた環境は違いますし、得意な科目

苦手な科目によってどうしても数年単位で差が出てきます。

 

 

もし、あなたが短期合格を目指しているなら当サイトは

お役に立てます。

もちろん、長期の人も勉強方法は参考になるでしょう。

 

1度に6科目受験する人や、3科目以上受験する人も

いますが、私はオススメしていません。

 

この場合、全ての科目において不合格になる可能性が高いです。

選択と集中が大事

私の戦略は、試験日が2週に渡って行われること

に注目しました。

 

1周目に、2科目受けるのは得策ではありません。

 

1周目と2周目の科目は別々になるようにするべきです。

こうすることで、1周目は2周目の科目を気にすることなく

全力で集中できます。

 

仕事と同じで、目の前の仕事に取り組む時に、気になることが

他にあると効率が落ちます。

 

1周目は、例えば金融の科目に絞ればそれだけのことを考えて

当日を迎えることができます。

 

そして、金融の科目が終わったら、2周目の科目にすぐにとり

かかります。

 

 

これで、1週間弱はその科目に集中できますのでかなり

効率良く勉強できます。

 

試験の直前は、恐ろしい程の集中力が高まるので

これを利用しない手はありません。

 

この方法ですと、確実に1年半という短期でCFP

試験に合格ができます。

 

これを、1年で合格しようとすると、どうしても

3科目+3科目になります。

 

 

そうすると、1週目か2週目に、2科目を選択せざるを

得なくなり、1科目集中の受験生に勝つことは

非常に難しいでしょう。

 

 

時間に余裕がある学生なら、3科目+3科目もあり得るかも

しれませんが、私のように会社員(正社員)は、確実

合格を目指す戦略を取るのがベストだと思います。

 

1科目あたりの勉強時間

結局、1科目あたりの勉強時間はというと

80~120時間と言われています。

 

通常ですと、1日2~3時間の勉強を2~3ヶ月かけて

やると思います。

 

このサイトでは、最短7日間で合格を目指します。

 

ダラダラやらないで、本気でやれば40~50時間

合格は可能だと思います。

 

私がそれを証明したので、是非受験日までに

一度7日間で終わらせる気持ちで

やってみて下さい。

 

 

その経験が、本試験7日間で活かせますので

合格間違いありません。

 

まとめ

CFPは、1科目短期合格可能。

1科目あたりの難易度なら、宅建よりも易しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-CFP 独学 勉強時間, cfp 勉強時間 一科目

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.