このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

その他

CFP試験のテキストでおすすめは?過去問は必須だがテキストは任意で大丈夫

更新日:

スポンサードリンク

 

 

CFP テキスト おすすめ【過去問は必須だが参考書は任意】

CFPで必要なテキストは何ですか?

と聞かれたら、すぐにこう答えます。

テキストを買う前に

過去問は必須です!

 

↓これが過去問です。

 

科目ごとに色が違いますが、大きな書店で買うか

資格予備校か、ネットで注文して下さいね。

過去問なくして、短期合格はありえませんね。

 

これをどれだけ、ボロボロになるまでやりこむかが

大事です。

 

良く試験日になっても、過去問がきれいな人がいますが

合格は厳しいですね。

 

武道で言うなら、帯が擦り切れているということは

それだけ練習していることになります。

 

勉強も、どれだけ量をこなすかだ大事ですね。

 

テキストは、過去問を解きながら必要であれば購入してみて下さいね。

気をつけるべきは、テキストは辞書みたく細かいことをたくさん書いています。

まるで、広辞苑みたく量が多いので試験に出ないことがたくさんあります。

使い方を間違えると、短期合格は難しくなります。

もちろん、じっくり理解して楽しみながら勉強したい人は構いませんが

時間がない社会人には、厳しいと思いますね。

 

学生も最近は、アルバイトで忙しいので、ゆっくりやっていると

圧倒今に試験日前になりますよ。

 

参考書は必要なのか?

参考書は必要ですか?と質問されることがありますね。

これは、お金の余裕があれば買って欲しいですが

絶対に無理なら買わなくても大丈夫です。

 

6冊でも1万程度なので、買えない人はそんなにいないと思いますが

それでも生活が苦しいなら、苦手な科目だけ買うとか

選ぶと良いですね。

 

例えば、相続が苦手ならそれだけを買うのです。

 

↑写真はこちら

日本FP協会から出ている公式なテキストになります。

実は、辞書並に細いことが書いてあるため、実務についてからも

役立ちます。

 

 

逆に、細かすぎるため試験ではあまり深入りしない方が良いですね。

学者並に調べていると、時間の浪費が激しいですね。

問題を理解する程度にしておくべきです。

 

そういう意味で、研究者タイプは気をつけないといけませんね。

合格することに割り切って使用して下さいね。

スポンサードリンク

 

その他のテキスト

参考までに、テキストで良さそうなものを1つ

見つけました。

 

 

ただ、こちらは私は利用してませんので

書店で手に取るなどして内容を確認し

自分に合いそうなら購入してみて下さいね。

精選過去問題集(CFP)

↑写真です

いきなり、6冊全て買わないで苦手科目だけ買い

相性が良さそうなら残りを買うなどをすると

損失を防げます。

 

 

FPK研修センターから出版されており

1冊3,800円とかなり高額な値段なので

購入する際は、本当に内容を吟味してからお願いします。

 

 

テキストは、CFP自体がマイナーなためか

種類が少ないです。

 

そのため、迷わないで済みますので

テキスト選びに時間をかけないで

さっさと購入して、過去問を1日でも早く解くことに

専念すると良いですね。

まとめ

・過去問は6冊全て購入するべき

・参考書は、お金に余裕があれば全て購入するべき

・参考書は、お金に余裕がない場合苦手科目だけも可

・テキスト選びに時間はかけないこと

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-その他

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.