このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

独学 勉強方法 金融資産運用設計

CFP試験で必ず出る「配当性向と配当利回りの違いとは?」覚えるコツはこれ!

投稿日:

スポンサードリンク

突然ですが、配当性向と配当利回りって何ですか?

聞かれたら、ドキッとしますよね!?

 

FP3級から、何となく覚えては忘れたりして何となく合格し

AFPまで来る事は可能です。

しかし、CFPの金融に来ると嫌でも向き合う必要があります。

今回は、似たような言葉で紛らわしい言葉の意味の覚え方を解説します。

 

必ず出題されるAランクの問題(A、B、Cで分けた場合)

CFP試験の金融資産運用設計にて、株式の分野があり

その中でも「配当」に関する問題はAランクで出題可能性がほぼ100%です。

ほぼ、毎回出題されているので、ここを理解しておくだけで差をつけることができます。

 

試験の問題が解ければ良いので、割り切って覚えましょう。

暗記は忘れやすくなるので、覚え方に工夫してみます。

 

配当性向とは?

イメージして下さい。

 

あなたは、会社の経営者です。

今年は、会社の儲けが出ました。

 

税金を引かれる前と後の利益がありますが、

ここでは、税引き後の利益です。

 

このお金を設備投資をしても良いし、株主に配当金として還元しても良い訳です。

 

例えば、100万円が税引き後の利益となったとします。

配当金として「総額」50,000円を支払いました。

 

配当性向だと、言葉がわかりにくいので

性向→傾向という感じでざっくり覚えてみて下さい。

 

 

100万円の内、5万円を支払ったので5%ですね。

儲けのうち5%を配当として支払った傾向があるくらいのイメージです。

 

一応、数式があります。

配当性向(%)=配当金総額/当期税引後利益✖100

=1株当たり配当金/1株当たり利益✖100

 

数式は覚えなくても、何回か問題を解いて意味を理解していけば

試験対策としては問題ありません。

 

 

 

配当利回りとは?

配当性向と似たような言葉で「配当利回り」があります。

実は、漢字が似てますが、意味は全く違いますので注意!

 

 

イメージして下さい。

あなたは、投資家だとします。

 

現在、A社の株価1,000円です。

この時に、1株当たり配当金が10円だとします。

配当利回りは何%でしょうか?

 

 

1%ですね。

 

配当利回りの「利回り」という部分に注目して下さい。

 

不動産投資でも、株式投資でも「利回り」という言葉を聞いたことがありますね。

 

投資家であれば、利回りは最大限に関心があります。

 

リスクを好む人なら、10%以上とか高い利回りでも投資します。

管理人なら、地方の不動産は利回りが高いので関心があります。

もちろん、空率リスクもありますので、高いことが必ず良いとも言えません。

 

ここまで来ると

利回り→投資家とイメージできれば、「配当性向」と区別出来ると思います。

経営者視点なのか、投資家視点なのか区別することです。

 

1%の利回りなら、投資家からみると1000円の投資に対して、年間で10円が得られることになります。

一応、数式を示しておきます。

 

配当利回り(%)=1株当たり配当金/株価✖100

 

こちらも覚えるというより、言葉の意味を理解した方が良いですね。

 

 

余裕があれば、普段から言葉に慣れるのが一番でしょう。

下記のような経済番組を観るのもお勧めです。

 


 

株の本や雑誌も活用してみる

生涯投資家で有名な村上世彰さんなら、いちいちこのような言葉を覚えるとか必要ないでしょう。

 

しかし、受験生の場合は経験値がないため、まずは試験の問題が解けることを優先しましょう。

余裕があれば、株式投資関連の雑誌や本などを読むなどもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

※本当にお金と時間に余裕があるなら、株を購入してみるのがベストですね。

でも、はまり過ぎて勉強を忘れないようにしましょう。

合格することがまずは、最優先ですからね。合格した後は、何をしようと自由ですから。

 

まとめ

・配当性向と配当利回りは、Aランクなので必ず理解しておく

・言葉の意味を理解し、区別すると間違わない

・金融課目は、お金と時間に余裕があれば購入するのが理解に繋がる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-独学 勉強方法, 金融資産運用設計

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.