このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

CFP 過去問

CFP 過去問【同じ問題を1日3回以上解く!】

投稿日:

スポンサードリンク

 

CFP 過去問【同じ問題を1日3回以上解く!】

 

それでは、過去問の使い方の第2回目です。

過去問をただなんとなく解いているだけでは

短い時間で効果を高めることはできません。

それは前回の記事で解説しました。

 

→【過去問は、分野別=横に解く】

 

今回は、更に別のルールを説明します。

分野別に解くことの重要性は前回の記事で

わかって頂けましたか?

 

 

分野別に解くのは重要ですが、過去3年分やったとして

1回で終わらせてませんか。

 

なんとなく、やった感があるので、次の分野の問題を

解きたくなると思います。

 

不思議なもので、その日のうちにまた同じ問題を

解くのは、なんとなく飽きがあるので

モチベーションが上がりにくいと思います。

私がそうでした。

 

 

でも、ここで短時間のうちに繰り返すと記憶が

定着するという脳の性質を利用します。

一度、全て分野別に解いたら最初に戻ってみて

解いて下さい。

2回ではなく、3回連続やると効果的です。

3回全てやるには、それなりに時間は必要です。

 

 

この時間を作り出すのも、重要になってきます。

会社員でも、1日4~5時間なんとか時間を

工夫して勉強に当てて下さい。

 

資格試験は長期戦になると、どうしてもモチベーションが

下がってきますので、短期合格を目指すのがオススメです。

 

そのためには、短時間でどれだけ同じ問題を解けるかが

大事なのです。

 

同じ問題を1日に3回連続解く。

 

このメリットは

・3回連続問題が解けたら、その問題は2度とやる必要がない

・3回連続間違っていたら、苦手なことがすぐわかる

 

資格試験は、自分の解けない問題をいち早く知り

それを徹底的にできるようにすることが必要です。

この時も、ただ連続3回やるのではなく

 

肢別に○☓と正誤を確認すること

 

どういうことかと言うと、上の写真のように

肢が4つある中で、1つだけ間違いを探す問題があるとします。

この中で、なんとなく1の肢は○かな?

たぶん、3の肢は☓だろうと

勘で正解したので、その問題全体は正解として

解説を見ない人がいます。

これは、かなり危険です。

 

 

肢1つ1つに対して、何が正しくて何が間違っていて

間違っている理由を説明できるまで理解してないと

少し問題の出し方を変えられると、正誤判断はできません。

 

 

写真のように、1つ1つの肢ごとに○や☓の解答を記録

解説を見ながら、肢ごとに更に○や☓をつけて正誤を

確認します。

 

 

時間は、かなりかかりますが

こうして1つ1つ地道につぶすことで

その分野の問題が出ても対応できるようになります。

 

問題は間違いやすいことを狙ってくるので

しっかり理解しておけば、怖くありません。

 

過去問を解いていると、毎年聞いてくるポイントは

似ていることが気づきますので

是非活用していきましょう。

 

まとめます

 

「同じ問題を1日3回以上解く」

「肢別に正誤の記録をつけましょう」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-CFP 過去問

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.