このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

金融資産運用設計

CFP独学金融【NISAは貯金派には必要なの?】

投稿日:

 

スポンサードリンク

CFPの申込はあとは、ネットのみ!!!

試験日程

平成29年度 第2回 平成30年度 第1回
試験日 第1日目 11月12日(日) 6月10日(日)
第2日目 11月19日(日) 6月17日(日)
試験要項配布方法 FPジャーナル9月号に掲載 FPジャーナル4月号に掲載予定
出願期間 [インターネットの場合]
9月7日(木)~10月5日(木)
[インターネットの場合]
4月5日(木)~5月7日(月)
[願書(書面)の場合]
9月7日(木)~9月21日(木)
[願書(書面)の場合]
4月5日(木)~4月18日(水)
受験票発送日 10月27日(金) 5月28日(月)
結果通知発送日※1
[全6課目合格者発表日]※2
12月20日(水)
[12月22日(金)]
7月18日(水)
[7月20日(金)]

引用元:日本FP協会・試験概要より

 

CFP過去問攻略、金融資産運用設計です。

今回は、最近まで頻出だった「NISA」です。

※上の画像は、平成28年第2回の第20問です。

ジュニアNISAの細かい内容が出題されています。

 

 

NISAは、たぶん投資に興味がない人には

ちんぷんかんぷんでしょう。

知っている!という人でも、CFPレベルだと

難しいと思います。

 

まずは、優しいクイズから慣れていきましょう。

NISAの問題は細かい

問題:NISAについて誤った記述はどれか?

 

1 投資金額の上限は年120万円

2 国内在住20歳以上の個人が対象

3 すでに保有している株式をこの口座に移せる

4 5年以内に受け取った配当金や分配金、売却益が

非課税になる制度

 

さあ、いかがでしょうか。

CFPの過去問なら、ひたらすら問題を解きながら覚えるだけ

点数が取れます。

こういう計算以外の問題は必ず取りましょう。

 

計算問題は、ミスの可能性もあり、正答率が落ちます。

 

いかに、ミスを少なく点数を上げていくかが勝負です。

仕事と同じで、ミスをしないようにしましょう!

NISAは平成29年第1回では出題なし

解答は、3番でした。

これは難しいというより、知っているかどうか

なので、新聞等をしっかり読んでいれば問題ないでしょう。

 

 

間違いの3番は、「既に保有している株式を

NISA口座に移すことはできない」のです。

 

 

投資をする人を増やしたい制度ですから

是非、活用して欲しいですね。

 

平成28年では、ジュニアNISAの出題がありました。

2018年1月からは、積立に特化した

「つみたてNISA」が始まります。

 

 

もしかすると、試験で出てくるかもしれませんね。

軽く知っておくと良いでしょう。

まとめ

・CFPでは、NISAは頻出問題

・なぜか、平成29年第1回ではNISAは出てない

・貯金派の人に、是非NISAの活用を!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-金融資産運用設計

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.