このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

その他

CFP合格率【合格率は無視。合格すれば良い】

投稿日:

スポンサードリンク

 

CFP合格率【合格率は無視。合格すれば良い】

CFPの合格率について、気になる人が多いようですね。

結論から言うと、CFP試験に限らず資格試験の合格率は無視して下さい。

 

主題する団体としては、参考にして受験をして欲しいと思いますが

もし、その資格を取得したいなら、何%であろうと取りますよね。

 

特に仕事で必要とか、将来のキャリアアップのためなら

合格率が低いから辞めようとか思っている余裕はありません。

 

合格率が高くても落ちます。

合格率が高い資格試験でも、落ちる人は落ちます。

例え、約50%以上の合格率でも、2人に1人は落ちています。

10人中5人は落ちているのですね。

 

 

合格率が50%以上なら、簡単な部類と言えますが準備しない

人は必ず落ちます。

 

 

合格率が10%程度でも、しっかり準備していれば必ず合格します。

 

資格試験は、どうしても絶対に取らない今の仕事が維持できない

等追い込まれない限り、なかなか本気を出して勉強しないですよね。

あなたが、その資格を途中で諦めても他の人が合格していく

だけなのです。

 

途中で諦めることは、1人合格席が空くことになります。

逆に最後まで、諦めないで試験会場に行き、全力を尽くせば

合格する可能性があります。

 

CFP試験は30~40%の合格率

CFP試験は、受験すれば合格する可能性が高い試験です。

マークシートのみの試験であるので、運の要素もあります。

行政書士とか、弁護士などの試験等になると論文試験がありますので

運の要素が排除されていきます。

 

そうは言っても、受験生は全てAFPなので

基本的な知識を持っている人との勝負なので

1点のミスが合否に直結する怖さがあります。

 

仕事ならしっかり準備をするが勉強は自己満足

会社の仕事で上司や同僚、お客様に言われたら

すぐにやらないといけませんね。

やらないと、クレームや上司や同僚から怒れますからね。

そこには、嫌という感情は許されませんね。

 

 

面倒くさい処理は確かにありますが、仕事である以上

正確にスピード感を持って対応する必要があります。

 

これが、勉強だと仕事から帰ってきてやることが

多いですが、強制力はありません。

 

休日も「さあ、勉強するぞ!」という気持ちで

臨めれば理想ですが「休日だし、休むか」と

言う人もいます。

 

 

勉強に強制力はありませんが、なるべく自発的に

取り掛かれるように、周りの家族や友人に宣言する

など、勉強を継続できる環境を作りましょう。

準備をしっかりすれば、合格率なんか関係ないですからね。

 

まとめ

・合格率より、1日の勉強時間を確保する

・勉強時間を確保したら、過去問を試験日まで完成するか確認。

・勉強も仕事と思いましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-その他

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.