このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

独学 勉強方法 健康

CFP 独学 勉強方法 健康【運動で健康を維持できる】

投稿日:

スポンサードリンク

 CFP 独学 勉強方法 健康【運動で健康を維持できる】

仕事と勉強の毎日が数ヶ月も続くと

肉体がかなり衰えますね。

 

平日は、1日15時間は座っているかもしれません。

休みは、1日中勉強すると10時間以上は座っていますから

あっという間に、首、肩、腰がやられますよ。

 

姿勢が悪い人は血流が悪くなり、頭がぼっーとしがちで

集中力が落ちます。

 

バレエダンサーなみの柔軟性と筋力があると理想ですね。

そうすれば、姿勢も維持しやすいです。

 

 

朝起きたらストレッチをしましょう。

 

体が硬い人は疲れやすくなります。

疲労が取れにくくなり、やる気がなくなります。

 

私は、20年以上毎朝ストレッチを続けています。

5~10分程度なので、忙しい朝でも続けることができます。

 

 

通勤時は、人が多かったり、普段から階段しか使わないので

怪我の防止と、仕事をする時にキビキビ動けるので

続けています。

 

習慣になるとやらないと気がすまなくなり

体の硬い部分が自分でわかるようになります。

 

仕事と勉強中心の生活は非常に、体に悪いので

ストレッチを是非オススメします。

 

基本は階段を使いましょう。

たまに、エレベーターでぼーっとして

待っている若年者がいますが

もったいないですね。

 

 

筋肉は意識して動かさないと退化していきますよ。

 

私は、駅のホームなどでは、エスカレーターと階段がある

場合は意識して階段を使うようにしています。

 

降りる場合も同様で、降りる時も気をつけないと

踏み外して落ちてしまいますから、体のバランス感覚

試す意味で階段を意識して使います。

 

なるべく、運動に時間を使いたくないので

普段の動作の中で運動を解消するのが理想ですね。

 

昼休みは、少し歩いて遠いお店に行くなど意識して

歩くようにしましょう。

1日1万歩は意識すれば達成可能

 

最近のスマホのアプリでは、簡単に歩数を計測できますね。

最低1日7000歩、理想は1日1万歩を達成できるようにしてます。

 

これって、階段を意識して使うことや、昼休みや会社内でも積極的に動く

などしないと達成は難しいです。

積極的に体を動かすようにして過ごしましょう。

 

スクワットでエネルギー受容を高める

勉強する前に、テンションが上がらない時も

ありますね。

 

そういう時は、軽く運動をすると良いですね。

でも、激しい運動をすると疲れますので

間違っても、ランニングはオススメしません。

膝や心臓への負担も大きいですし、長期的に見たら

寿命を縮めているんです。

 

 

私のオススメは、自宅で10回程度のスクワットです。

10回は楽勝と思うかもしれませんが、普段やらない人には

かなりきついレベルですね。

 

人間は、下半身から弱っていきます。

若い内から、筋力をコントロールしておくと

非常に効率よく体を維持できますよ。

 

金融で言うなら、利回りが高いと同じです。

 

是非、運動も日常生活に取り入れて、受験生活を

乗り切りましょう!

 

まとめ

・意識して、階段を使う

・朝はストレッチをする

・勉強前に、スクワットを10回する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-独学 勉強方法, 健康

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.