このブログは「CFP」を最短1科目7日間で合格した勉強方法を記録したものです。高卒、パワハラのブラック企業で長時間労働・サービス残業・有給休暇なし、カネなし、独身非モテ・年収300万で転職多数の落ちこぼれが独学でわずか7日間でCFPを合格した奇跡を通じて、これからあらゆる資格合格を目指す人に勇気と希望を余すところなくブログ化したものです^^CFPで得た知識を実践した内容やお金に関する事、転職のコツやブラック企業の見分け方や戦い方等をお届けしていきます。

CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法!

時間管理

CFP受験での「転職の勧め」24時間労働の恐怖とは?

投稿日:

スポンサードリンク

長時間労働が当たり前の日本で、資格の勉強と仕事の両立は大変ですよね?

「働き方改革」が議論されてますが、残念ながら、この先10年程度では変わらないでしょう。

深夜まで残業、早朝出勤の強制の会社にいたこともありますが、その会社にいた当時は

仕事か寝てるかだけでしたね。

 

学生の頃のCMで「24時間戦えますか?」という衝撃的なコピーがありました。

その当時はそれを思い出しましたね。

 

真面目な人程、仕事を頑張りすぎて「うつ病」になったり最悪なケースになったりします。

 

今回は、CFP試験に合格するための環境について考えてみます。

24時間戦う必要はありません

男尊女卑が当たり前の日本ですが、男は戦うのが好きですね。

まず、仕事で戦うとか意味がわかりません(笑)

これ、女性なら特に共感できると思います。

 

そういえば、1989年頃にこんなCMがありした↓

今見たら、完全にブラック企業認定ですが

残念ながら、今の日本の労働環境も実は当時とほとんど変わりません。

 

報道で改革している会社はわずか一部です。

 

管理人の会社や周りの人に聞いてみても、長時間労働はあります。

変わるためには、経営者が変わるくらいのインパクトが必要です。

まずは、万一24時間労働の会社にいたら、即辞めることを検討しましょう。

 

長時間労働の会社なら辞める選択肢も考えよう

あなたが、CFPに限らず何かの資格試験を目指しているなら

異常な長時間労働の会社であるなら、転職を考えましょう。

 

勇気のいることですが、転職を考えることは今の仕事や

今後のことを考える良い転機になります。

 

変化の激しい時代に、自宅と会社の往復で会社以外のことを

知らない人生に何の意味があるのですか?

 

本当に今の会社にいる必要がありますか?

管理人は、出世には100%興味がないタイプです。

あなたは、今の会社にいる理由はなんですか?

長時間労働、早朝出勤、休日出勤の強制、サービス残業など

時代錯誤の会社にいる理由は何ですか?

一度、真剣にいる理由を考えてみてはいかがですか?

毎日、疲れきっているのではありませんか??

 

 

転職はマイナスばかりではありません。

今の会社がいかに異常であったかを知るチャンスになります。

 

管理人は、海外旅行に行ったことで日本が異常な国であること

をより深く理解できました。

 

離れることでわかることがたくさんあります。

 

 

 

長時間労働は大企業でも是正されていない

ほんの一部の会社では、定時より早く仕事が終わったら帰宅できる会社があります。

信じられませんよね?そんな会社があること自体が・・・

 

しかし、ほとんどの会社はすぐには変わりません。

今の環境がいつ変わるかは不確定です。

 

労働市場の流動性が高まるには、1人1人が転職に積極的に

動くことで変わっていく可能性があります。

 

こんなに、雇用の流動性がないのは先進国で日本と韓国のみです。

日本は解雇が厳しいため、辞めさせたい社員にはしつようなパワハラ、いじめ、嫌がらせを始めます。

 

日本人は真面目という印象と真逆ですが、これが現実です。

 

パワハラの動画の例

 

金銭解決のルールが整備されることを期待しますが、いつになるか全くわかりません。

 

しかし、転職は勇気があればできます。

会社が本当に嫌なら、「辞めるしかありません!」

 

ホリエモンの動画も参考になると思います。

ブラック企業で月100時間以上のサービス残業と

パワハラで悩んでいる人の相談です。

 

クリックすると3分49秒から再生されます。

 

現在の経営者には「働き方改革」は期待できない

現在の経営者は、仕事にしか価値が置けない人です。

話してみるとわかりますが、全く理解できなくジェネレーションギャップを感じますね。

 

残業する程暇じゃない!と良いたくなりますが

男で年齢を重ねた人は、99%変わることは不可能です。

 

例外として、日本電産の永守社長が365日働け!

という考えでしたが、最近変わったことは衝撃的でした。

あの仕事バカ一代の「永守社長」が・・・↓

 

転職の方法論

ネガティブな印象が強い転職ですが

別の機会に書いてみたいと思います。

転職も経験を積むことで成功率が上がります。

何事も経験です。

因みに、面接で媚びたりは一切しません。

堂々と条件を主張していきます。

なぜでしょうか?

CFP試験合格ために、是非前向きに転職も考えてみて下さい。

他の業種を知ることも合格に近づくきっかけになりますよ。

まとめ

・24時間仕事する必要は全くありません

・転職を考えてみる

・長時間労働は「悪」であると認識する

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

-時間管理

Copyright© CFP資格試験独学会社員で   最短1科目7日間合格勉強法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.